オフィス開発

開発事業とPM事業、そして優れたネットワークによるリーシングを
フル活用した清水総合開発ならではのオフィスビル開発を展開。

VPOは、清水総合開発の開発ブランド「VIEQU」で培った高品位な建物づくりのノウハウと、PM&BM ワンストップソリューションブランド「PBOS」のプロパティマネジメント力をマッチングさせた、自社オリジナルのオフィスビル開発事業です。
コストパフォーマンスに優れた建物資産を形成しつつ、自社のリーシングサービスによって入居者を確保して、
資産運用の成果を高める事業の仕組みを作っています。不動産会社がビル資産を持つ時代から、
投資家へ譲渡する時代のニーズにいち早く対応したビジネスモデルを展開しています。

開発事業とPM事業の融合

VIEQU × PBOS

  • 住宅開発で培った
    居住空間の快適さを生みだす設計ノウハウ

    働く人々の快適さと能率の向上への工夫

  • プロパティマネジメントで培った
    建物資産の維持向上のノウハウ

    収益の確保増大をもたらすソリューション

革新的なオフィスビル
「VPO(ヴィーク・ピーボスオフィス)」を開発

VPo

オフィスビル開発の流れ

用地の取得

駅近、主要道路沿い、オフィス街など、
テナントニーズの高い場所をリサーチして用地を取得。

開発企画・設計・施工

「清水クオリティ」の計画標準に則った高品質な建物建設を前提に、
働く人々を主役にした快適な環境と仕事効率を向上させる先端機能を融合した
新しいオフィス空間を創造。
女性にとって働きやすい環境を目指した工夫やデザインも積極的に導入しています。

リーシング

清水総合開発独自のリーシングシステムでテナント入居者を募集。
建物完成と同時の利回り運用スタートを目指します。

建物完成・引渡し

建物の完成後、検査を経てお引渡しとなります。

利回り運用開始

テナント様の入居がスタートし、利回り運用がはじまります。

PBOS運用開始

PM・BMワンストップソリューションで
ビル建物の資産価値維持と向上に向けてマネジメントをはじめます。

投資家様、用地売却をお考えのオーナー様のお問合せはこちら